TOPICS

  • 2017年4月8日

    日本フィルハーモニー交響楽団のコンサート

    東京オペラシティコンサートホールにおいて、小林研一郎マエストロの指揮による日本フィルハーモニー交響楽団のコンサートが行なわれ、天皇皇后両陛下の御来臨を賜った。
    途中、吉田菊次郎が後援会副会長を務める、御息女の小林亜矢乃さんのピアノ演奏もあり、盛況を博した。

  • 2017年3月22日

    「MOMAJ・フランス農事功労章受章者協会」主催の菓子講習会

    「MOMAJ・フランス農事功労章受章者協会」主催の菓子講習会が、
    2017年3月22日東京・渋谷区の日本製粉・東京技術センターにおいて開催された。
    講師は吉田菊次郎と小川奈々が務めた。
    吉田菊次郎は「クレオパトラ・楊貴妃・小野小町の世界三大美女が食べたかもしれないお菓子」を紹介。
    小川奈々は在仏中、星付レストラン等でシェフを務めた経験を生かしたビストロ・デザート2点を紹介。
    多数の受講者の好評を博した。

  • 2017年3月17日

    「アペリティフの日・2017」

    「アペリティフの日・2017」のイベント開催(2017年5月19~21日於・東京代官山ヒルサイドテラス)にあたって、
    同日東京代官山においてプレス発表が行なわれた。

  • 2017年3月12日

    親友の衆議院議員土屋品子さんのフラワー発表会が、銀座東武ホテルで行なわれた。

  • 2017年3月8日

    吉田菊次郎・「国際女性デー・ハッピーウーマンフェスタ」の顧問に就任

    3月8日は国際女性デー。国連が1975年に定めたこの日を日本にも定着させ、女性が輝く社会作りを産業化に繋げるべく「ハッピーウーマンフェスタ」が創設された。
    多くの女性が関わる製菓業界の吉田菊次郎は、同会の顧問に押され就任。同会には安倍昭恵・総理夫人、シンガーの倉木麻衣氏等活躍する各界の著名人が名を連ねている。
    2017年3月8日、東京渋谷のヒカリエにおいてその発会を祝う「ハッピーウーマン・フェスタ2017」と名打ったセレモニーが行われ、多数の報道陣が詰めかけてエキサイティングに盛り上がり、全国にそのニュースが流された。

  • 2017年3月4日

    2016年度・食の文化フォーラム・甘みの文化」第3回の開催

    「2016年度 食の文化フォーラム・甘みの文化」第3回が、「甘みの魔力」のテーマのもとに2017年3月4日、東京・港区の味の素文化センターにおいて行なわれた。
    第1回は2016年6月4日「甘みのあこがれ」、第2回は同年10月1日「甘みの深化」のテーマのもとに行われ、この度はその締めくくりとしてのシンポジウムである。
    当日は「甘みの生理学」、「甘みの恩恵への道」「総括講演」の3部立ての構成で組み立てられ深い内容と共に、鋭い質疑応答がなされ会場全体が熱く盛り上がった。
    その中で吉田菊次郎は「近世・近代のヨーロッパの菓子文化」及び「日欧の食卓における甘味
    文化の相違」についての講演を行なった。

  • 2017年2月22日

    森永製菓本社を訪問。資料室にて森永太一郎氏の愛用した自転車に触れる。

  • 2017年1月20日

    「生き物文化誌学会」

    「生き物文化誌学会」の新年の集いが秋篠宮文仁親王殿下を交えて、東京目黒の目黒雅叙園において行なわれた。

  • 2016年11月28日

    日本ペンクラブによる「2016年ペンの日」の懇親会が東京の如水会館で行なわれ、抽選会においてブールミッシュ賞を協賛。

  • 2016年11月7日

    三國清三氏の叙勲パーティー

    三國清三氏の叙勲パーティーが帝国ホテルで行なわれ、多くの著名人がお祝いに集まった。

  • 2016年10月25日

    「日本アイスクリーム協会・創立50周年記念」の式典

    都内のホテルメトロポリタンエドモンドにおいて、日本アイスクリーム協会・創立50周年記念の式典が行なわれた。
    その際、同協会の理事としてアイスクリームを含むスイーツ文化の啓蒙に務め、
    また東日本大震災熊本大分大震災等において、お菓子を通して災害支援活動を行なった等の事由により、
    厚生労働省医薬・生活衛生局生活衛生・食品安全部長感謝状を賜った。

  • 2016年10月21日

    高円宮家へ献菓

    吉田菊次郎・悦子夫妻、取締役海外担当・吉田真悟、大阪枚方工場 副工場長・佐野貴則が高円宮家へ献菓を行なった。

  • 2016年10月3日

    TBS・TV「林先生が驚く初耳学!」における、モンブランの収録風景。

  • 2016年10月1日

    「2016年度・食の文化フォーラム・甘みの文化」

    2016年10月1日、東京・港区の”味の素食の文化センター”において、「2016年度・食の文化フォーラム・甘みの文化」、第2回「甘みの深化」が開催された。ちなみに第1回は「甘みへのあこがれ」と題して、6月4日に行われている。
    今回は「和菓子の世界」として元虎屋文庫の青木直己氏、「西洋の菓子」としてブールミッシュの吉田菊次郎、「調理と甘み」として長野県短期大学の中澤弥子氏がゲストスピーカーを努めた。
    続いてこの3氏を軸にシンポジウムに移り、活発な質疑応答が行われた。
    ちなみに第3回は2017年3月4日、同所にて開催予定。

  • 2016年9月2日

    やまなしサポーターズ倶楽部交流会

    「やまなしサポーターズ倶楽部交流会」が東京・六本木ヒルズで開催された。
    後藤斎山梨県知事の呼びかけのもと、”やまなし大使”を拝命する吉田菊次郎も参加。
    フルーツ王国を自認する同県の秋の味覚のぶどうを初め、ワイン・ジュエリーなどのやまなしブランドや、ポーク・サーモンレッドなどの食材を活用した料理などが一同に会し同夜、大盛況を呈した。

  • 2016年9月2日

    歌舞伎座に出演中の中村吉右衛門さんの楽屋を、白水社の及川直志社長とともに訪問。

    中村吉右衛門さんは、吉田菊次郎の小中高を通しての同級生。

  • 2016年6月7日

    世界の医療団 支援者の集い・ソワレガラ2016」のチャリティー・ビュフェ開催

    6月7日、東京広尾のフランス大使公邸において、上記の催しが行なわれた。
    これは2001年より毎年開催されているもので、ティエリー・ダナ駐日フランス大使出席のもとに
    料理・製菓業界の主だったシェフやその帰属する企業が参加・協賛し、盛会の一夜となった。
    製菓業界からは藤井商事の藤井克昭、ブールミッシュの吉田菊次郎等が参加。

    世界の医療団とは、1980年にフランスで設立され、人道医療支援活動を世界各地で行なう非営利
    非政府組織。人種、性別、年齢、国籍、宗教を問わず「医療」を提供し、支援の現場の真実を
    「証言」する活動を行なっている。

  • 2016年6月4日

    2016年度 食の文化フォーラム「甘みの文化」開催

    6月4日、上記のシンポジウムが、東京港区の”味の素食の文化センター”において行なわれた。
    第一回は「甘みのあこがれ」のタイトルの元に「甘みの発見」(武蔵野美術大学・関野吉晴教授)
    「アジアの甘さ」(ライター)、「砂糖の世界史」(甲南大学・井野瀬久美恵教授)、そして
    吉田菊次郎による甘味デザートの講演。コーディネーターは奈良女子大の山辺規子教授、総合司会は
    京都橘大の南直人教授が務めた。食に関わる各分野の専門家が集い、熱心な質疑応答も行われ
    会場全体が盛り上がった。
    第二回は10月1日、「和菓子の世界」(元虎屋文庫の青木直己)、
    「西洋の菓子」(ブールミッシュの吉田菊次郎)、「調理と甘み」(長野短期大学の中澤弥子教授)
    の講演。第3回は2017年3月4日に同所において開催される。

  • 2016年5月28日

    岩合光昭さんの写真展「ネコライオン」が日本橋三越で行なわれた。

    開店前に秋篠宮文仁親王殿下と紀子妃殿下のご来臨を賜り、石塚邦雄 三越伊勢丹ホールディングス会長と、小田忠信・クインビーガーデン社長とともに吉田菊次郎もお出迎えし、岩合光昭氏が直接ご説明をなされた。

  • 2016年5月20日

    「アペリティフ365」in 東京2016 開催

    5月20~22日、東京代官山ヒルサイドテラスにおいて、上記のイベントが行なわれた。
    アペリティフとは、「食欲を刺激する」という意味のラテン語のaperireが語源で、好みの
    飲み物やアミューズを手にお喋りに興じる、食前の和気あいあいとしたひと時のこと。
    主催はフランス農業・農産加工業・林業省、SOPEXA JAPON(フランス食品振興会)で
    在日フランス大使館&農林水産省が後援している、日仏の料理人や製菓人が集い、この
    イベントを盛り上げた。製菓業界からは、フレデリック・マドレイユやブールミッシュの
    吉田菊次郎、パティシエ・シマの島田進等が参加。

Page Top